受験する子供の低年齢化とその教育

受験する子供の低年齢化とその教育 受験というと大学受験、高校受験が一般的でした。しかし、大阪、東京などの大都会を中心として受験する年齢が低年齢化してます。それは、中学校、小学校、幼稚園の受験があるからです。試験ではもちろん学力審査ですが、小学校、幼稚園の試験科目は学力以外にもあります。

幼稚園、小学校ですと学力よりもしつけなどの審査に重きを置いてます。つまり、幼稚園、小学校はこれからの教育により学力が向上するため、学力はある程度あればいいようです。それよりも、人の話がしっかりと聞ける、挨拶ができる、集団での行動ができるなど学校が教えないことがみについているかが審査されます。

小学校、幼稚園の受験は学力も算数、国語などの教育よりも、普段からの家庭でのしつけが大切です。あいさつ、お手伝い、整理整頓などです。昔でしたら、当然でしたので改めて教えることはありませんでしたが、近年は、小学校、幼稚園の受験専門の塾で科目以外の教育として教えていたりします。


Copyright(c) 2019 受験する子供の低年齢化とその教育 All Rights Reserved.